活動内容


年間20回、2009年末からは塚本總業(株)囲碁倶楽部を会場として、例会を開いています。 例会は小林千寿五段、小林健二七段を中心にゲスト棋士を交えた豪華な講師陣による指導碁と会員同士の自由対局の後、講義とお話があります。 参加者は20人弱ぐらいで、比較的こじんまりとやっています。

連碁風景、右はヨーロッパ女子三強の一人ルネ(Renee Frehe)さん

千寿会の特徴は、千寿氏のこれまでの海外普及活動における活躍の成果で、外国人ゲストの多いことです。 下の写真は、向かって左から、春休みを利用してやってきたベンヤミン・トーバ(Benjamin Teuber)君(ドイツ17歳)、オンドラ・シルト(Ondrej Silt)元院生(チェコ14歳)、 チャバ・メロ院生(ハンガリー21歳)、ハンス・ピーチ四段(ドイツ31歳)です。
外国人ゲストたち
講義風景、 左はヨーロッパ囲碁文化センター総支配人の エリック(Erik Puyt)氏

例会日程表

会員募集中

現在会員募集中です。ご興味のある方は までご連絡ください。ただし、入会資格は厳しいです。


もどる